スタッフブログ

スタッフブログ

木の雑学9「松井選手のバット」

2012年7月2日

タンパベイ・レイズのマイナー契約を経て、見事メジャーへ返り咲いた松井秀喜選手。
選手生命最大の危機を乗り越えた彼は、メープルのバットを使用しています。
zaaq.png
巨人で活躍した10年間は、松井選手もイチロー選手と同じアオダモのバットを使っていましたが、
「アオダモだと、バットがしなりすぎて、メジャーリーグの重いボールには力負けする」ということで、
メープルに変更したそうです。
アオダモを使い続けるイチロー選手。片やメープルへと転向した松井選手。
それぞれの打撃スタイルが、材質(木)選びへのこだわりとなって表れて、非常に興味深いです。
北米に分布するハードメープルは、摩耗耐久に強く硬質な特性を持っているため、
ボウリング場のレーン、ビリヤードのキュー、ダンスホールの床板などに使用されています。
メープルの樹皮を傷付けて採取される樹液は、
ホットケーキには欠かせないご存じメープルシロップとなります。
また、玉杢の小さな模様(鳥目杢)が出たものは、バーズアイメープルと呼ばれ、
主にツキ板(美しい木目を持つ木材を薄くスライスしたもの)として利用します。
dssfdsds.jpg
<バーズアイメープル>
自動車のダッシュボードや高級家具の化粧材として人気があります。
バットの話に戻すと、メープルは素材としてバットに適しているだけでなく、
幹が太いので、1本の木からアオダモの3倍はバットが製作できるそうです。
また、アオダモやホワイトアッシュなどのバット材と比べると、
重量が軽いため、スイートスポットを広げたヘッドの大きいバットを製作できるという利点もあります。
松井選手にはこんな逸話が残されています。
2002年、『ミズノ』とアドバイザリー契約をしている松井選手のもとへ、
他メーカーの担当者が10億円の小切手を突き付けて、自社との契約を迫ったそうです。
松井選手は、小切手には目もくれず、「ミズノさんにお世話になっています。
ミズノさんにも失礼ですから、お引き取り下さい」と。
「だったら、手首のサポーターだけでも。右手と左手で1億円ずつ」と他メーカーの担当者は迫ったが、
松井選手は聞く耳を持ちませんでした。
プロ入り以来、ミズノと二人三脚で究極のバットを追及してきた松井選手。
お金よりも、そんな信頼関係を選んだ言動に、ミズノ担当者は号泣して喜んだそうです。

本日の出荷目安
本日の正式注文
(入金確認)から
無垢材 15 営業日
集成材 15 営業日
加工・塗装が無い場合の出荷目安です。正式な日程はお見積りメールをご確認ください。
NP掛け払いできます


マルトク店長からのご挨拶


中島弘樹

マルトクショップは、木材(無垢材・集成材・積層材)のフリーカット販売・床材(フローリング材)の通販専門店です。
無垢材・集成材をお好みの寸法にカット、木材のサンプルを送料無料でお届け、施主支給など、お客様のニーズにあわせたプランをご用意しています。