スタッフブログ

スタッフブログ

木の話2「針葉樹と広葉樹」

2011年5月9日

木は、おもに針葉樹と広葉樹に分類されます。
スギやヒノキなどの針葉樹は温帯から寒帯に、サクラやキリなどの広葉樹は世界中に分布しています。
針葉樹は540種が存在するのに対して、広葉樹は20万種もあると言われています。
圧倒的に広葉樹が多いわけですが、樹木全体の量からすると広葉樹は針葉樹の2倍程度となります。
これは、針葉樹は多量に群生するのに対して、広葉樹は樹種ごとの数量が少ないのと、広葉樹の種類の中には蔓植物などもカウントされているためです。
一般的な針葉樹は単位面積当たりの成長量が多いため、人工林に植えられます。
日本では、スギやヒノキなどの人工林が全森林面積の40%を占めています。
針葉樹は幹がまっすぐなものが多いのに対して、広葉樹は枝分かれが多く、主幹と枝との区別もつきにくいものが多いのが特徴です。
針葉樹からは柱を、広葉樹からは一枚板(ムク)を取ることが多いのはそれぞれの樹形の違いからです。
木材の一般的な特徴としては、針葉樹は柔らかくて軽いものが多く、広葉樹は硬くて重いものが多くなります。

本日の出荷目安
本日の正式注文
(入金確認)から
無垢材 営業日
集成材 営業日
加工・塗装が無い場合の出荷目安です。正式な日程はお見積りメールをご確認ください。

NP掛け払いできます


マルトク店長からのご挨拶


中島弘樹

マルトクショップは、木材(無垢材・集成材・積層材)のフリーカット販売・床材(フローリング材)・ウッドデッキ材の通販専門店です。
無垢材・集成材をお好みの寸法にカット、木材のサンプルを送料無料でお届け、施主支給など、お客様のニーズにあわせたプランをご用意しています。