スタッフブログ

木の仕事

浮造り天板

2018年11月19日

JHBS用にテーブル天板を製作いたしました。

2枚重ねているように見えますが凸部分はサンダー仕上げ

下の部分は浮造りで仕上げております。

なかなか製作に時間がかかりました。

個人的にいい感じの仕上りです。

実物は11/20からのジャパンホームビルドショーでお披露目です。

耳付き加工について

2018年11月9日

新人のIです。

先日耳付きの加工をしました。

先輩から約一時間かけて、加工の技術を教わりました。

まずは曲面カンナでコバ面の荒取り加工を行い、

そこからハンドサンダーで仕上げます。初めての加工で

うまくできるか不安でしたが、先輩の丁寧な指導の

おかげで、無事加工を終えることが出来ました。

普段使わないところの筋肉を使ったのか、次の日は

腕が筋肉痛になっていました。しかし、新たな技術を習得

することができ、とてもうれしく思います。

今後も新たな加工技術を身に付け、お客様に、より素敵な

商品をお届けできるよう、日々努力してまいります。

リノベーション

2018年10月15日

今回はリノベーションされる施主様との打ち合わせがあり、工務店さんと大工さんに同行いたしました。

 

 

施主様の要望としては、たくさんのお客様を招待できる「Bar風」ということです。

シックな感じで、大人がくつろげる空間が要望です。

 

工務店さんとの話により、床・カウンター・テーブルはウォールナットで予定をしています。

 

今後どうなるかは、私自身も楽しみにしています!

コーナーR加工について

2018年10月15日

時々お問い合わせいただく内容の一つにコーナーR加工への質問があります。

 

「どのようなコーナーがオススメですか?」というお問い合わせに対して

例えば「10mmのRです」とか、「3mmのRはどうでしょう?」というように数字で

お答えしますが、どうもうまく雰囲気をお伝えできません。

 

そこで、自宅で簡単に作れるものでコーナーRが視覚的にわかるものを考えてみました。

10センチ四方の紙にコーナーを書いたものです。

コーナーを切り抜いて机の角に当てたものですが

なんとなくコーナーの丸みの雰囲気がわかりますね

コンパスがなくてもフリーハンドでも大体の雰囲気は伝わるかと思います。

頭の中で描くよりも、やはり実際に見て確認する方が安心します。

 

コーナーRのサイズに困った時は、ぜひお試しください (^ ^)

 

 

木材市

2018年10月3日

先週の金曜日、久しぶりに高知の木材市場に行ってきました。

たくさんの木材がセリに出ていました。

 

そして、いつものように売り子さんの周りに多くの人が!

売り子さんの威勢のいい声に反応して競りが行わていました。

中には競り下がることも(笑)

こんな価格で買えるの!と掘り出し物もいくつかありました。

 

私も欅など目的のものを買うことができました。

 

昼は高知の名物、藁焼きカツオたたきをいただきました。

充実した一日になりました。

もし行きたい人がおれば声をかけてくださいね(笑)

木材屋で裁縫道具が活躍する玄人技

2018年7月23日

材の梱包にベテランの技を支える裁縫道具

お客様からご注文をいただいた材は、注文内容によって異なりますが、概ねカットや各種加工〜塗装工程などを経て、最終段階が検品と梱包作業があります。

きれいに仕上った材も、配送の途中思わぬアクシデントに出会う事もありますので、梱包はとても重要です。

全ての商品が、無事に届く事を願って厳重に梱包を施しますが、それでも時折「運送事故」が発生する事がありますので、気が抜けない業務でもあります。

IMG_5233.jpg

マルトクの梱包には、定評があります。これまで、多くのアクシデントを糧にノウハウを蓄積して日々、梱包技術を高めています。

そんな梱包及び検品のマエストロがいます。

現場を覗かせてもらうと、何やら見慣れぬアイテムを発見。

材を養生する段ボールに折れ線を入れる道具です。担当者によっては、鋏の先端を段ボールに押し付けて行う人もいますが、マエストロが使用しているのは、なんどドイツ製のルレットです。

IMG_5228.jpg

ルレットと言うのは、洋裁の道具で、型紙を生地にしるす際に用いられる道具で、語源のルーレットのごとく、回転する丸い円盤様のものが先端についたものです。

IMG_5238.jpg

先端が尖っているので、紙に押し付けると回転しながら切り取り線の様な感じに紙に小さな連続の穴が空きます。穴が折れ線になり、容易にダンボースがきれいに折れるのです。

IMG_5240.jpg

さすが、元エンジニアのマエストロらしいこだわりのアイテムでした。

梱包担当のスタッフは、皆個性的で道具にこだわりを持っています。竹べらを用いて段ボールに折り目をいれる人や、裁縫ばさみの先端を巧みに用いる火となど、スピーディーにかつ確実な梱包を支える裏で、道具や梱包技に磨きをかける工夫が日々進化しています。

材が届いたら、一度養生材を広げて見ませんか? 梱包スタッフのこだわりを発見できるかもしれません。




マルトク店長からのご挨拶


中島弘樹

マルトクショップは、木材(無垢材・集成材・積層材)のフリーカット販売・床材(フローリング材)・ウッドデッキ材の通販専門店です。
無垢材・集成材をお好みの寸法にカット、木材のサンプルを送料無料でお届け、施主支給など、お客様のニーズにあわせたプランをご用意しています。