木の基礎知識 マルトクショップ「もくもく通信」

【棚をDIY】ピッタリサイズの棚を作ってみよう(後編)

2019年7月18日

 

前回の更新では、棚のバリエーションと設計のポイントについてお伝えしました。

いよいよ今回の更新では棚をDIYで組み立てていきます!

>>前編を見る

 

目次

 

STEP1 棚の設計の確認

STEP2 ダボレールを取り付ける

STEP3 棚を組み立てる(簡単組み立て金物)

STEP4 固定棚の固定

STEP5 最後に可動棚を入れる

材料まとめ

 

 

STEP1 棚の設計の確認

今回製作するのは縦1620×幅1520×奥行き300mmの棚をDIYします。

帆立板2枚と側板は簡単組み立て金物で、棚板3枚は金折でそれぞれ固定します。

側板と帆立板にはダボレールを取り付けて、最終的には好きな場所に棚板を入れることができるように予定しています。

 

 

 

STEP2 ダボレール・金折を取り付ける

 

2-1:ダボレールの取付位置を決めて行く

ダボレールとは、ダボを棚受けとして利用して棚板を支える可動棚の仕組みです。逆涙型になった下の穴にダボを固定し、棚板を支えます。

ダボレール自体にも厚みがあるので、利用する際にはダボレールの厚みも計算して設計しましょう。

今回外枠と帆立板の組み立ては簡単組み立て金物で行うので、ダボレールの設置位置を決めて行きます。

さしがねで位置を決めてマスキングテープを貼ります。

2-2:ダボレールの仮置き

位置が決まったら一度仮置きしてみます。写真のように貼り付ける必要まではないのですが、今回は数が多いので紛失防止に軽く留めました。

ダボレールは長い物を切って使用しています。カットすると穴の位置がずれる可能性があるので、ズレが無いか確認する意味でも仮置きしてみましょう。

ダボレールの切れ目の部分に、固定棚を設置します。

2-3:下穴を開け、固定する

ダボレールにはネジを止めるための穴が空いているので、インパクトドライバーで下穴を開けて皿木ネジで固定して行きます。

仮留めのまま全ての下穴を開けるのではなく、まずは1箇所だけ固定して仮留めを外し、木材にきちんと平行になっているかを確かめながら他の穴も固定する方が調整できて失敗が少ないです。

意外に上下を間違えるので気をつけましょう。

2-4:金折を取り付ける

今回、固定棚部分の固定には金折と言う金具を使用しました。棚受け専用金具に比べ単体での強度は多少落ちますが、きちんとサイズを選べば問題なし。

必要な耐荷重を店員さんに伝えて教えてもらいましょう。

金折は単価が数十円〜と安く、ホームセンター等でも手に入りやすいので使いやすい金物です。

2-5:位置を決め、取り付ける

ダボレールと同じく金折の固定位置の墨付けをしたら、下穴を開けて取り付けます。

向かい合う四つの金具の高さが同じでないと棚板が傾いてしまうので、位置の墨付けはきちんとさしがねで直角を取りながら行いましょう。

実はこの写真、撮影してから反省したのは金具の下辺に墨付けをすれば良かったということ。ちょうど金具の折り目の部分に印をつけたので、見にくくて苦労しました。

2-6:金具を取り付けた状態

棚が大きめなので打ち込む場所も多く、この金具取り付けの作業に一番時間がかかりました。裏面の金折は組み立ててから取り付けます。

 

 

STEP3 棚を組み立てる(簡単組み立て金物)

金具を取り付け終わったら、いよいよ棚を組み立てます。今回、外枠と帆立板には簡単組み立て金物をあらかじめ入れてあります。大きな家具を組み立てる際には非常に便利な加工なので、ご利用になりたい方はぜひお問い合わせください。(1箇所800円〜)

 

3-1:簡単組み立て金物をジョイントする

天板と底板にはメス金具を、側板と帆立板にはオス金具を仕込んであります。

まずは金具同士がぴったりはまるように合わせるのですが、この手の加工の大敵は、木材の反り。特に今時期のような湿度の高いシーズンは、あとで組み立てようと数日放置しただけでも木材は動いてしまいます。

ひどく反った場合は金具を合わせることすらままならないので、届いた木材は早めに使用しましょう

3-2:六角レンチで締める

きちんと金具が合わさっていたら、穴に付属の六角レンチを差し込んで回します。グリッと回る感触があればOK。

3-3:外枠の完成

板を並べたままだと付けにくかった部分の金具も、このタイミングで付けてしまいます。

まだこのままだと横方向の力に弱いので、押すと少しぐらつきます。それを補強するために、固定棚を付けていきます。

 

 

 

STEP4 固定棚の固定

4-1:棚板を仮置きする

棚受けの金折の上に、まず棚板を置いてしまいます。簡単組み立て金物のジョイントをしてあっても、意外と帆立板はたわむので、必ず三枚とも並べて位置を合わせてから取り付けます。

4-2:下穴の位置を棚板に書き込む

金折の穴に鉛筆を差し込んで、グリグリと位置を写し取ります。写したら一旦板を外し、インパクトドライバーで下穴を空けます。

4-3:板を戻し、固定する

下穴を開けたら板を元の位置に戻し、木ネジで固定して行きます。

固定棚設置の辛いところは、上に向かってのネジ締めが避けられないところ。この作業だけは上から抑えてもらって二人掛かりでした。下穴をしっかりと開けておくと、だいぶ作業は楽になります。

 

 

STEP5 最後に可動棚を入れる

5-1:ダボで棚受けを作る

可動棚を固定したらインパクトドライバーを使用する作業は終了!あとは可動棚の位置を決めて行きます。

棚を入れたいところにダボを差し込めば、棚受けとなります。棚板が多いと、何気ない作業に見えても一仕事です。

5-2:棚板を差し込む

可動棚の棚板は、ダボレールの厚みを考慮して固定棚の棚板よりも短く注文する必要があります。

今回の場合は10mm小さくなるようカットしてあります。

 

 

完成!!

今回は同じ棚を2台製作。ちょっとした壁面収納になりました。元から壁にあるラインに高さを合わせたので、直線情報が少なくなってスッキリしました。

 

ダンボールを縦に収納していたのを横に入るようにしました。素材も薄くしてスッキリ。

 

一番問題だった椅子の後ろの空間も広くなりました!

ダボレールの位置合わせが甘く、若干棚板がガタつくおまけ付きではありましたが概ね問題なく完成させることができました。

300×1520×1620mmとボリュームのある棚でしたが、固定部分を増やし、堅いゴム材を使用したので、全体を20mmと薄めな材で統一することができました。やっぱり薄い方が見た目がスッキリします。

 

 

材料まとめ

今回制作した棚の材料をまとめました。

項目 詳細 参考価格
【木材】天板&底板 20×300×1520mm
糸面+磨き
2枚 5,050円/枚
【木材】側板&帆立板 20×300×1580mm
糸面+磨き
2枚 5,240円/枚
【加工】簡単組み立て金物 8箇所 800円/箇所
【木材】固定棚用棚板 20×300×480mm 3枚 1,250円/枚
【木材】可動棚用棚板 20×300×470mm
糸面+磨き
9枚 1,700円/枚
【金物】ダボレール 1820mmを購入してカット 12本 1000円前後/本
【金物】金折 32×40mm 12枚 約65円/枚
【金物】更木ネジ 3.1×16mm
3.1×20mm
約2~400円/箱
【金物】ダボ 8×18mm 72個 約3~400円/10個
道具 インパクトドライバー
六角レンチ
マスキングテープ
鉛筆
さしがね

ダボレールのカットはご家庭では難しいですが、カットしてくれる金物屋もネットで見つかります。また、丸ノコを置いてあるホームセンターやDIYスペースなどではカットできる場所もあるかもしれません。
棚は基本的に墨付け、穴空け、ネジ締めだけで作ることができるので高度な技術は必要ありません。樹種や塗装、加工に関してはご連絡いただければご相談にも乗らせていただきますので、ぜひ挑戦いただければと思います。

→マルトクお問い合わせフォーム

 

今回は前回のテーブル作りから多少ステップアップして、棚のDIYを記事にしてみました。
基本的にはほぼ素人の事務所スタッフが、試行錯誤しながら3.5時間ほどで組み立て完了。
多少のアラはありますが概ね問題なく使える棚が出来上がりました。
今後も不定期でDIYリポートを更新予定ですので、

●使い方を知りたい工具

●作り方を知りたい家具

●もっと良く知りたい樹種

…等々ございましたら
shop@woodworks-marutoku.comまでご意見お寄せくださいませ!

本日の出荷目安
本日の正式注文
(入金確認)から
無垢材 営業日
集成材 営業日
加工・塗装が無い場合の出荷目安です。正式な日程はお見積りメールをご確認ください。

NP掛け払いできます


マルトク店長からのご挨拶


中島弘樹

マルトクショップは、木材(無垢材・集成材・積層材)のフリーカット販売・床材(フローリング材)・ウッドデッキ材の通販専門店です。
無垢材・集成材をお好みの寸法にカット、木材のサンプルを送料無料でお届け、施主支給など、お客様のニーズにあわせたプランをご用意しています。