使用方向と節について

マルトクショップで扱っている、無垢材の「節」について説明しています。マルトクショップでは、三方向使用、四方向使用、節・白太有の木材それぞれに出荷基準 を設けて生産を行っています。

四方向使用

四方向使用
表にも裏にも節・白太は入りません。(一部、赤白混合で販売している樹種に関しては両面に白太が入ります。)3mm以下の葉節は入る可能性があります。木口に関しては、節が入る可能性がございます。

三方向使用

三方向使用
表と木端は無節、裏と木口には節・白太が入ります。(一部、赤白混合で販売している樹種に関しては両面に白太が入ります。)3mm以下の葉節は両面に入る可能性があります。

節・白太あり

節・白太有
全ての面に節・白太が入ります。節の多い樹種では木端、木口にも節が入る可能性がございますのでご了承ください。

節の程度と種類

葉節

葉節
3mm以下の小さな節で、抜け落ちたり節の中身が動いたりしないもの。節無し四方向使用のご注文でも裏表に入る可能性があります。
表面 裏面
四方向使用 全ての面に入る可能性があります
三方向使用
節・白太あり

生節

生節
伐採時に枝が生きている状態だった場合に生ずる節で、周囲の組織と緊密に結合しており離れません。出荷時に特に補修はしません。
表面 裏面
四方向使用 × ×
三方向使用 × 入る
節・白太あり 100mmまで 入る

死に節

死に節
死んだ組織が木に内包されてそのまま成長することで生じる節。組織が周囲と離れていたり、ただ製材するだけでは凸凹が生じるため、表面はパテ等で補修してからお送りします。補修不要な場合は備考欄に「補修不要」とご記入ください。
表面 裏面
四方向使用 × ×
三方向使用 × 100mmまで
/基本補修無し
節・白太あり 100mmまで
/補修あり
100mmまで
/基本補修無し

抜け節

抜け節
材の表側から裏面まで貫通した死に節のことです。「節・白太あり」の無垢材は抜け節を表面側からパテで補修します。裏面は原則的に無補修ですが、ケースによっては補修する場合がございます。
※「三方向使用」「四方向使用」の材には、「抜け節」は入りません。
表面 裏面
四方向使用 × ×
三方向使用 × ×
節・白太有 30mmまで
/補修あり
100mmまで
/基本補修無し

節の補修について

節の程度、補修について
三方向使用の木材の裏面、節・白太ありの木材の全ての面には節が入りますが、表面(使用する面)に関しては必要に応じてパテ等で補修を行います。裏面は原則補修しませんが、補修が必要と工場で判断した場合は補修する場合もございます。補修を行うことで表面が平滑になるので天板としても問題なくご利用いただけます。不要な場合は備考欄に「補修不要」とご記入ください。
補修