木の基礎知識 マルトクショップ「もくもく通信」

水や汚れに強い!ウレタン塗装

2022年4月21日

汚れやすい場所にはウレタン塗装がオススメ

ウレタン塗装したウォールナットのカウンター

木材の塗装は種類が豊富。用途やメーカーによっても様々な塗料が存在します。
マルトクショップ では現在「自然塗料塗装」「ウレタン塗装」の2種類の塗装を取扱中です。
今回のメルマガでは、特別なお手入れ不要で汚れに強い、ウレタン塗装をご紹介します。

 

マルトクショップ の塗装について

木材の塗装の種類

 

 

ウレタン塗装ってどんな塗装?自然塗料との違いは?


特徴1:水や汚れに強い

 

ウレタン塗料は木材に浸透させて使用する自然塗
料と違って表面を完全に皮膜で覆います
ウレタン樹脂は水や油の汚れであれば弾いて変質することは無いので、拭き取ればすぐに元通り。
特別なケアも不要で、汚れがつきやすい用途に使用する場合には非常にオススメの塗装です。

 

関連:ウレタン塗装した木材のお手入れ

特徴2:つるりとした触り心地

 

ウレタン塗料と自然塗料は見た目に違いがなくて
も、触り心地が大きく異なります。木材自体の感触
が残る自然塗料に関して、ウレタン塗装した木材の表面はツルツルとした感触。ささくれなども出ない
ので小さなお子様にも安心してお使いいただける塗装です。
これは木材自体の感触が失われてしまうということ
でもあるので、人によって好みの別れる部分かもし
れません。

ウレタン塗装のデメリットは?

ウレタン塗料の塗装風景:スプレーガンで塗料を均等に吹き付ける

ウレタン塗装は普段のお手入れは簡単ですが、大掛かりなメンテナンスは難しい塗装です。
大抵の汚れには強いですが、高温や有機溶剤では変質することがあります。
また、長期間の使用によって木材自身もウレタン樹脂も大なり小なり黄変します。
そんな時ウレタン塗料はDIYでの塗り直しは難しく、プロの手を借りる必要があります

 

自然塗料とウレタン塗料の違い

 

 

ウレタン塗装した木材を使った作品

マルトクショップの「木材を使った自慢の作品」ページでは、個人の趣味の作品からプロの施工事例
まで、1000件以上の作品を掲載しています。ぜひご覧くださいませ。

 

 

材木屋の木のコラム「もくもく通信」


木材の特性や、DIYのコツ、加工や金物の詳しいご紹介などをまとめたWebマガジンです。
多くの木材をあつかう材木屋だからこそお伝えできる、リアルで役立つ情報を更新しています。

 

 

新製品も好評販売中「m3PRODUCT」



DEY ( DEsign Yourself = 自分自身でデザインする) 」オーダーメイド家具。幅・長さ・奥行
き・樹種などの要素を自分自身で自由に簡単にデザインすることができます。

 

 

作品の写真を送れば次回5%OFF!



マルトクでお買い求めいただいた木材の、「その後」をお送りください。
お送りいただいたお客様はもれなく全員、
次回購入時にフリーカット木材5%OFFさせていただきます!

 

 

■配信元:株式会社マルトク

〒761-8031

香川県高松市郷東町796-50

TEL:087-882-1345

FAX:087-882-1347

MAIL:shop@woodworks-marutoku.com

HP:https://shop.woodworks-marutoku.com/

 

 

■SNSも日々更新中!


 

本日の出荷目安
本日の正式注文
(入金確認)から
無垢材 36 営業日
集成材 6 営業日
加工・塗装が無い場合の出荷目安です。正式な日程はお見積りメールをご確認ください。
NP掛け払いできます


マルトク店長からのご挨拶


中島弘樹

マルトクショップは、木材(無垢材・集成材・積層材)のフリーカット販売・床材(フローリング材)の通販専門店です。
無垢材・集成材をお好みの寸法にカット、木材のサンプルを送料無料でお届け、施主支給など、お客様のニーズにあわせたプランをご用意しています。