m3

HOME  » マテリアル

MATERIAL 素材について

無垢材

無垢材とは

「無垢」ということばには「混じりけがない・純粋」という意味があります。
無垢材とはその意味のまま、丸太から製材した素材そのままの木材のことです。
オイルで仕上げた無垢の天板の美しさとすべすべした質感は、ほかの素材では得がたい心地よさを感じます。
その木材本来の色味や木目を存分に味わうならば、無垢材をぜひおすすめします。

無垢材を探す

集成材

集成材とは

集成材とはその字の通り、幅30mm×長さ250mm~350mm程度の細かい材を集めて接着した木材。
合板とは違い100%木材なので、無垢材とおなじようにどっしりとした木材の質感を感じることができます。
細かい木材を寄せ集めているので、木材でありながらどこか無機質な雰囲気も独特な魅力です。

集成材を探す